通信販売のイメージ
正しく知ってかしこく活用!海外医薬品通販   >  海外医薬品通販の流れ

海外医薬品通販の流れ

物流の流れ

個人輸入が行われる海外医薬品通販。どういったプロセスを辿って、私たちの手元に商品が届くのでしょうか?
仕組みを理解していれば、より安心して利用・購入ができます。

まず、個人輸入は法律に抵触しないのか?と不安に感じる人もいるでしょう。
結論からいえば合法ですが、そこには「個人で使用することを目的として」という大前提が存在します。

つまり、
・避妊用ピルは女性が服用するものなので男性名義で購入することはできない
・購入したものを家族や友人に譲ってはいけない
といった点に注意が必要です。

ほかにも、薬事法では一度の輸入量が決められており
・医薬品、医薬部外品は、用法・用量の2ヵ月分以内
・外用剤、化粧品は、1品目24個以内(標準サイズ)
などの規定があります。

こういったルールのもと、海外医薬品を海外から購入することは可能です。
ただ、海外メーカーとのやりとりを個人で行うのは非常に骨が折れることです。信頼できるメーカーや店舗をどうやって探すのか、円滑にコミュニケーションが行えるのか、といった課題をクリアしなければ、輸入することはできません。

そこで、個人輸入代行を請け負ってくれる業者の通販サイトを利用すれば、通常のネットショッピングと同じような手軽さで海外医薬品を購入することができるのです。
個人輸入代行業者は、海外メーカーへの注文や支払いなどを行うのが主な仕事。代行業者の運営サイトには商取引を交わしている海外メーカーの商品が掲載されているので、ユーザーはそこから欲しい商品を選び、購入手続きを行います。
このように、海外メーカーとのコネクションや外国語の知識がなくても、手軽に海外医薬品が購入できるのが海外医薬品通販なのです。